理想の結婚式のためのブライダルエステプランを探せ!京都のウエディング、結婚式場について

理想のウェディングのために、ブライダルエステを受ける方は多く今や、花嫁の常識になってきています。ですが、通い始める期間にはばらつきがあります。しっかりと準備をするなら、少なくとも挙式の3ヶ月前からサロンに通いましょう!

TOP 引き出物 北海道と本州の引き出物の違い

目次

  1. 北海道と本州の引き出物の違い
  2. 引き出物は『宅配』がオススメ
  3. 引き出物宅配では何を贈る??

北海道と本州の引き出物の違い

結婚式は、北海道は会費制、本州は招待制であることから、引き出物の内容にも違いがあります。北海道の場合、現在の会費の相場は17,000円前後で、その会費はお料理の代金にあてられるので、引き出物にお金をかけたりはせず、2,000円から3,000円のお菓子が1人一つ、つけられることが多いです。

本州の結婚式は招待制でご祝儀の値段も人それぞれなので、個数も一つではなく、複数つけられることが多く、新郎新婦が選んだこだわりの品に、カタログギフトをつけるということがあります。金額にすると10,000円前後で、北海道と本州では、金額にもかなりの差があります。

引き出物は『宅配』がオススメ

結婚式でゲストに贈る引き出物、気持ちを込めて選んだ品だから、喜んでもらいたいですね。しかしゲストの立場で考えると、ドレスアップした姿で大きな袋を持ち帰るのには苦労します。お皿など重い物が入るとなおさら大変です。

最近はそんなゲストの苦労を見越して、『宅配』を選ぶことが増えています。披露宴会場に袋はなく、ナフキンの上には『引き出物はご自宅に配送します』というカードが置かれます。披露宴当日の夜や翌日など、新郎新婦が指定した日に宅配で届きます。より心遣いを感じてもらえるかもしれません。是非候補に加えてみてください。

引き出物宅配では何を贈る??

引き出物には何を贈るのか?最近ではスプーンや電子レンジ容器や器などもあります。グラスや水筒などは昔からありますよね。

でも、一番多いのはカタログギフトとはなります。最近のカタログギフトにはお食事券や日帰り温泉券などもあります。

本当に便利です。私は出来るだけものでないものにしているのですが、日帰り温泉券の場合はいついつまでにという有効期限があるので注意が必要です。

ちょっと前に日帰り温泉券は使うのを忘れていて有効期限が少し切れてしまいました。しかし、ホテルに電話するとどうにか利用できました。本当にほっとした瞬間です。

そんなことにならないようにお食事券や日帰り温泉券は可能な限り早めに使うことがお勧めです。あとは普段自分では買わないようなものを選ぶのもいいです。

例えば財布であったり、バンドなどです。 カタログギフトのプランによってはかなりいいものを送ってくれます。

引き出物についてのコラム

ブライダルエステプランを探せ!

結婚式場について

京都の結婚式場では、ウエディング料理が試食できるブライダルフェアが開催されています。挙式相談はもちろん、会場見学やドレス試着もすることができます。

結婚式の引き出物について

結婚式引き出物専門店であれば、プチギフトや結婚式の内祝い選びから宅配での引き出物の贈り分け、男性用や女性用のカタログギフトなどウエディングの際に役立ちます。

前撮りやフォトウエディング

美容外科の美容整形や二重整形